株式会社シンターランドは、放電プラズマ焼結法を駆使し、先進材料の技術開発と製品制作を目指すパイオニアです。

TOP    新着情報    サイトマップ   リンク   English   中文站点
Q&A

Q&A

絶縁物でも焼結可能ですか?
酸化物セラミックス、炭化物セラミックス、窒化物セラミックスなど多くの焼結事例があります。
焼結型の材質は?
一般的には黒鉛製型(等方性黒鉛)を使用します。その他、C/Cコンポジット、超硬合金、熱間金型鋼も使用します。
多孔質体の焼結は可能ですか?
粉末の粒径に依存しますが、一定の開気孔を維持した焼結体を作製可能です。
その他、発泡助剤を混合した粉末を用い、焼結の後熱処理を行うことで閉気孔の構造体も作製可能です。
焼結中の炉内雰囲気は?
通常は数Pa程度の真空雰囲気で焼結を行います。不活性ガス(アルゴンまたは窒素)中の焼結も可能ですが、不活性ガス雰囲気中焼結でのガス圧は、大気圧以下となります。また、大気中焼結は焼結型の保護のため400℃以下を推奨致します。
焼結中の測温方法は?
焼結温度が1000℃以下の場合は、シーズ熱電対を使用して焼結型の外周から5mm程度内部を温度計測し、焼結温度の目安としております。焼結温度が1000℃を越える場合は赤外線放射温度計を用いて、真空チャンバー観測窓から焼結型外周部分を測温します。
焼結の進行や終了の目安は?
通常は焼結温度の上昇に伴い焼結試料の収縮が始まります。この収縮量を変位量とし、リアルタイムにモニターしながら焼結温度および変位状態から焼結終了を判断します。
焼結テストの申込手順は?
弊社HPの“お問い合わせ”ページまたはお電話・FAXにてお気軽にご連絡下さい。
お問い合わせいただいた後は、弊社書式の“加工内容書”をメール等で送付致します。この“加工内容書”に可能な範囲でご記入いただき、ご返送下さい。他、焼結型など炉材は弊社で準備可能です。焼結試料は無償ご支給をお願い致します。
焼結テスト費用は?
使用する焼結装置の定格により異なりますが、1日当たりの定額制です。焼結体サイズや焼結条件により1日当たり(概ね8時間)の作製数量は異なります。また、焼結型、焼結副資材費は別途ご負担をお願い致します。先ずはお気軽にお問い合わせ下さい。
焼結テストの立会作業は可能ですか?
立会焼結テスト可能です。弊社本社工場(新潟県長岡市)と京都事業所(京都市)でお受入れ致します。
月数個〜数十個の受託加工は可能ですか?
焼結物件により検討致しますので、先ずはお気軽にお問い合わせ下さい。
焼結テストの実施納期はどれくらいでしょうか?
手持ちの焼結型(φ5〜30、2〜10inchφ)で対応可能であれば、通常2〜4週間程度です

株式会社シンターランド 新潟県公安委員会許可 第461190002126号
〒940-2055 新潟県長岡市雨池町123番地 TEL:0258-25-8008  FAX:0258-25-8010 Copyright (C) SinterLand Inc.